記事一覧

本田圭佑、来季の海外挑戦を表明

本田、1月下旬にドイツ移籍 年明け2クラブで練習参加(中日スポーツ)
入団前から海外移籍を視野に入れていた本田圭佑。
現実味を帯びてきたのは名古屋の天皇杯敗退翌日である2007年12月9日だった。
中日スポーツ一面に出た。

中日ドラゴンズ・福留孝介の移籍話が一面のメインを飾っており、名古屋のプロスポーツチームの看板選手が海外移籍するという話題が一面を占めるという幼い頃からグランパス・ドラゴンズを応援し、その流れで中日スポーツも日々見てきた自分としては何とも複雑な心境となった。

生え抜き選手が海外移籍するのはグランパス・ドラゴンズともに初めてであり、さらなる成長や世界での活躍を見たいと思う半面寂しさもある。


さて話を本田圭佑のみに戻す。
昨日クラブとの話し合いで挑戦が決まった。
まさに挑戦であり、移籍ではない。
自分にはどうもこれが引っ掛かる。

このニュースを見て、やや状況は違うが、以前名古屋にも所属していた藤本主税を思い出した。
2002年広島に所属していた彼は日本代表にも名前が挙がるほどの活躍を見せており、夏にはオランダ・NACへの移籍が内定していた。
しかし金銭的な問題などから破談となり、結局その年は広島に在籍し続けたが、出番が激減した。
それは本人のコンディションにも問題があったようだが、最大の問題点は監督の構想外になったこと。
移籍するものだと思って、チーム編成をしていたようなので、やむを得ないだろう。
そして藤本は広島が翌年からJ2に降格することもあり、オフに名古屋への移籍を選択した。

名古屋では当初は自らが獲得を望んだベルデニックが監督を務めていたことからレギュラー格だったが、半年後に監督が交代するとやがて出番が減り、名古屋を去った。


本田がこうならないかが非常に心配である。

海外クラブの練習参加→不合格or条件折り合わず、名古屋へ戻る
→すでに補強を済ませているor新監督が本田なしでの戦術を組んでいる
→契約更新なしor去年までのように出番が得られず、シーズン途中で国内クラブへ移籍


こんなことになったら本人にとって一番不幸だし、サポーターも悲しい。
名古屋としてものちのち大きな痛手となる。


ただ本田自身はもちろんそんなことは考えていないだろう。
「ただの練習参加ではない。(欧州に)行きたいわけだから、そういう気持ちでやってくる」と言っているのだから。

でも獲得のオファーはない中で、退団はせずに練習参加するっていうのはどこかに自信のなさがあるのではないか。
また名古屋側が絶対に必要な戦力と言っているから、ダメでも戻ってきてやればいいという思いが頭の片隅にあるのではないだろうか。
実際代理人が「退団するのではなく、可能性を探る」と言っているし。
そんな中で挑戦しても良い結果は生まれないし、入団できてもすぐ失意の帰国という絵図を容易に想像できる。

練習参加という中途半端な形ではなく、もっと力をつけて完全移籍のオファーを勝ち取って欲しいのだ!!!

またクラブ側も必要な戦力なことは分かるが、1月下旬を限度に、動向を見守るというのはいかがなものか。
結果的に本田が移籍することになって、それから彼の代わりを探すことが出来ると思っているのだろうか。
金も退団するんだし、補強に失敗したら来季も残留争いだぞ!?

いや、争いすらできないかもしれない・・・


だから本人のためにもクラブの来季のためにも昨日の交渉でシロクロはっきりつけてほしかったってのが正直なところ。

スポンサーサイト

コメント

本田圭佑、来季の海外挑戦を表明

おまえ王子なの?

本田圭佑、来季の海外挑戦を表明

Jでも大して活躍できていない本田が、欧州へ行って成功できるとは思えない
ただ、どうしても挑戦してみたいのであれば行けばいいと思う
鹿島の小笠原が、結果は残せなかったが挑戦したことで
気持ちの整理がついて落ち着いたのは好例
現大分の梅崎も、試合には出られなかったが精神的に成長して帰ってきた
本田はJの試合でも独り善がりなプレイが目立つ
海外志向が強いのは、端から見ていてもわかる
今のようなプレイをJで続けていても成長はないだろうし、
おそらく腐ってしまうだろう
失敗して帰ってきたとき、チームに貢献するプレイができるようになっていれば
それで成功と言えると思う
もし本人が納得できず、浦和の小野のようになってしまう位なら
メキシコリーグだろうがトルコリーグだろうが、海外での挑戦を続ければいい

本田圭佑、来季の海外挑戦を表明

はじめまして。この記事をリンクさせていただきました。もし問題がございましたらお手数ですが、crown_message@yahoo.co.jpまでお知らせ下さいませ。
(当該ブログ記事: http://d.hatena.ne.jp/rose-m/20071215 です。よろしくお願いいたします。)
本田君、いい選手なので、慎重にやってほしいですよね。(^^)

本田圭佑、来季の海外挑戦を表明

本田圭祐選手は足が遅いのでJリーグでも海外でも多分苦労しそうな気がします。5年後ぐらいにはJ2でプレイしてそうに思えます。がんばってください

本田圭佑、来季の海外挑戦を表明

練習参加=入団テストでしょ?そこまで大げさに考えてないと思いますが・・・小野の時も練習参加→半年後に正式オファーだったと思います。Jと欧州の比較材料がないのでそれは仕方ない手順ですよね。

本田圭佑、来季の海外挑戦を表明

本人がやる気なら良いんじゃないですか。
もしかしたらということもあるし、本田はまだ若いのだから失敗に終わってもやり直しはいくらでもきくと思います。
藤本とおんなじ流れをたどるとは限りませんし。

本田圭佑、来季の海外挑戦を表明

リンク貼らせてもらいました。トラックバックも。
本田君の事は、見守るしかないので俺は楽しんどこうと思います。他のクラブではよくある事が、とうとう名古屋でも出来るようになった事がちょっと嬉しかったりしてます。本田君に出て行かれるのは痛いですけどね。

コメントありがとうございました。

>フリフラウ様
私はセットプレーの時に難しい角度や距離からでも無理に狙いにいっているように思うことが多々ありました。
私は行くからには半年1年で帰ってきて欲しくないと思うので、この時期での移籍には反対ですが、
フリフラウ様のような考えも一理ありますね。
実際それでたくましくなった選手がいますし。
>rose-m様
まだJで3年しかプレーしておらず、いかにも早すぎる挑戦だと思いますね。
>123様
足が遅くてもトップクラスで活躍してる選手は世界にもJにもいくらでもいます。
なので足が遅いから、5年後にはJ2にいそうと決めるのは本人に失礼ではないでしょうか。
>hage様
確かに比較材料がなく、そのため日本人には当初レンタルでのオファーが多いのが現状ですね。
しかし今回の本田のような練習参加を求めるオファーは少ない例だと思います。
そこから私は相手の本気度を疑っていますし、代理人やスポンサー主導の話ではないのかという疑念も持っています。
>XL様
私は「失敗に終わってもやり直しはいくらでもきく」という考えが出戻り組が多い要因だと考えています。
>GK様
グランパスを優勝させてから移籍となると、相当年数がかかると思います。
そうなると鹿島の選手のように期を逃して、ピークを過ぎた後に移籍となり、彼のサッカー人生を無駄にすることになるのではないでしょうか。
ただもっと点獲れる選手だとは思いますし、試合ごとのムラっ気もなくしてほしいとは思います。
また私もピクシーから学べることはあると思うので、最低でもあと1年は名古屋にいて欲しいと思っています。
>po_chan様
ありがとうございます。
私もそういう気持ちもありますけど、今出て行かれると戦力的に痛すぎるというのがまずありますね。

本田圭佑、来季の海外挑戦を表明

グランパスファンだが、本田の移籍には?である。
グランパスで結果を出していないのに、移籍とは勘違いも甚だしい。
上手いのはわかるが、グランパスを優勝させてから移籍しろ!
ピクシーから学ぶことは多いはず。

本田圭佑、来季の海外挑戦を表明

別に失礼にあたるようには思わないのですがプレイを見ていると
結構u22jリーグでもきついように思います。ポジションも
topしたボランチサイドバックウィングバックどこがいいのか
監督によつても使われるところが違います。
本田選手はキックの質精度が持ち味のように思います。
海外移籍しようと思えば国を選ばなければ意外とj1j2でプレイしてれば誰でもできるように思います日本人選手はいろんな国でプレイしてますよ

本田圭佑、来季の海外挑戦を表明

 本田には去年の夏、カターニャから正式に獲得オファーがあったの知ってる?でも、クラブ側が突っぱねたんだよ!!移籍金2憶とか何とか言ってね。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

名古屋の本田か?ドイツのだ?

■本田、1月下旬にドイツ移籍 年明け2クラブで練習参加(中日スポーツ) 名古屋のフロントの腰が物凄い低い位置のまま固定されているのが気になるここ最近の本田君関連の報道。なぜ21歳の子に対してこれだけ低姿勢なのか?なんだか穿った見方やいろんな憶測が流れ出してる。だが、俺はフロントが本田君の価値ってのを大切にしてるだけな気がする。 そこそこの規模のクラブで、練習環境もJリーグ屈指と言われている。移籍した選手や練習に参加した選手が口を揃えてそこを褒める。サッカーをする環境が良いってのが名古屋の魅力の一つだ。しか

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
だが一番の贔屓クラブはアルバルク東京。他にも好きなクラブ、選手多数。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。

基本はTwitterメイン ‪@yusukekun_07 ‬