記事一覧

【高校サッカー】津工の快進撃続く

“サプライズ劇場”は国立へ続く <準々決勝 津工業(三重)vs.広島皆実(広島)>(スポーツナビ)

三重県代表の津工業が本日の準々決勝でも堅守の広島皆実から3得点を奪い、快勝した。
本日も華麗なパスワークに松葉、飯田にドリブルを織り交ぜた攻撃的なサッカーを堪能させてもらった。
シュートで終える意識、ボールを奪われたら自分で取り返してやるという意識が高く、見ていて気持ちいい。
基本的なことのようで意外とプロレベルだと出来ていない選手が多く、壁にぶち当たっている選手などは高校サッカー特に津工のような体格・フィジカルで劣るようなチームの試合を見ると良いかもしれない。
ちなみに津工のメンバー平均身長は今大会出場チームで最も低いらしい。
また県大会での失点は最多のようである。

上記でも褒めている津工の松葉司だが、今大会を最後に本格的にサッカーをするのは最後で、地元企業に就職するとのことである。
非常にもったいないと思う。
どこかJリーグもしくはJFLのクラブが獲得してくれないものか。
あのような逸材がプロレベルでこれからサッカーをしないのはもったいない。

明日は高円宮杯覇者で、千葉県大会ではインターハイ覇者の市立船橋を破って出場してきた流通経大柏との準決勝である。
圧倒的不利は承知の上だが、決して前評判の高くなかったチームが無欲で勝ち上がってきた。
近年の選手権や種目は違うが甲子園ではそういうチームが優勝していることが多い。
津工のサッカーを貫いて、強豪に立ち向かって欲しいものである。
またJ1清水入りが決まっている大前と松葉のエース対決も非常に楽しみである。



近年の選手権は成人の日(第2月曜)に決勝を行うことが定着しているが、もう少し日程を緩和できないものかと思う。
今年で見ると開会式を12/30に行われ、その直後にオープニングゲームを行った。
残りの1回戦は12/31に行われ、勝ち進むとその後1/2,3,5,6と試合が行われる。
12/31の1回戦から登場し、準決勝まで勝ち上がったチームは7日間で5試合を戦うという殺人的な日程だ。
また2回戦から出場のチームとの不公平感もかなり生じる。

開幕を早める(今年を例に見ると3連休明けの26日開幕)、開会式を前日に行い、30日に1回戦の全試合を行う、第2土曜(今年だと1/12)に試合をするなどすれば緩和されるのである。
再考を願いたいものだ。

スポンサーサイト

コメント

【高校サッカー】津工の快進撃続く

確かに、津工の松葉選手は今大会の中ではとても興味深い選手ですが、
甲子園にも言えることですが、この年代の選手は短期間に驚くほど成長したり、精神的なプレッシャーから本来の実力を出せない選手、団体競技ですから個人の結果が必ずしも報われない場合もあります。
つまりは、一時の活躍や刹那的な感情、またはそういった感情的なマスコミの「無責任な」煽り報道は、さまざまな選択があって当然な若者の未来をいたずらに狂わせかねないということです。
僕は、とにかくどんな未来の選択であっても応援したいとこのような
大会では思っております。
数年後、そういった選手が指導者としてあるいは、その息子なんてドラマを期待し、今は出来るだけ多くの選手達のことを記憶にとどめたいと考えております。

コメントありがとうございました。

本人にプロ志望があるものの今までオファーがなく、就職するのだったら、プロクラブのスカウトたちはもう一度検討してもらいたいです。

【高校サッカー】津工の快進撃続く

日程に関して言えば、準決勝を1/12にするだけでかなり違うと思うのですが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

津工業初の4強入りは91年全国制覇以来+準決勝展望【第86回全国高校サッカー選手権大会】

第86回全国高校サッカー選手権は5日、市原・駒場の2会場で準々決勝が行われた。 初出場で初の4強入りを狙う三鷹(東京B)は強豪・藤枝東(静岡)と対戦。試合は個人技で勝る藤枝東が序盤からボールを支配しシ

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
だが一番の贔屓クラブはアルバルク東京。他にも好きなクラブ、選手多数。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。

基本はTwitterメイン ‪@yusukekun_07 ‬