FC2ブログ

記事一覧

Bリーグ17-18 第15節 東京対千葉 Game1

戦術とか理屈抜きにとにかくディフェンスの勝利!


田中大貴不在を感じさせない安藤、 馬場の活躍は頼もしかった!


特に安藤の進化を感じさせた一戦だった。
セルフィッシュなプレーが見られることもあったが、周りを使う本来PGに求められるプレーと俺が決める!場面の使い分けが上手くできていた。






ザック、小島のベンチメンバーの活躍も心強かった!
ザックのここぞの場面での3ptシュートはチームに勇気を与えたし、小島のエドワーズを振り切ってのドライブからのレイアップは鳥肌モノだった。



ジャワッドの調子が上がらないのは心配だけど、随所でらしさを見せてくれたし、正中も地味ながら役割を果たした!




菊地、竹内はいつも通りの仕事をしてくれて、レーンもしっかり繋いでくれた。

カークとエドワーズのブロック合戦はロースコアゲームということを全く感じさせない楽しみを与えてくれた。



※齋藤くんはベンチから癒しを届けてくれた(笑)


全員での勝利でした☆
先述の通り、ロースコアゲームではあった。
最終的に勝った東京ですら60点に満たない試合だったが、テレビで見ていても手に汗握る熱戦で、ロースコアゲームでこれほど見応えがあったのは初めてだ。

東京のラストオフェンスの際、東京は安藤に託し、誰もスクリーンを掛けに行かず、パスをもらいに行く動きもしなかった。
千葉はファールゲームをせず、安藤のマークマンを阿部に代えるわけでもなく、それまでのやり方・メンバーで同点・逆転への望みを託した。

最後の最後まで見応えのある試合だったが、ある程度のフィジカルコンタクトは許容する審判団も好ゲームの演出者だったことは見逃せない。


千葉に関しても触れなくてはいけない。
攻守とも決して悪くはなかった。というか良かった。
前回対戦では富樫が1人で40点以上を決め、しかもそのほとんどが3ptシュートとチームとして機能していない感はあったが、今日は富樫、エドワーズを中心に多彩なオフェンスを見せていた。
ディフェンスでも西村のスティール、エドワーズのブロックショットは客席を魅了していた。


その中で東京が勝利したのはベンチメンバーの活躍だろう。
千葉も西村、ライオンズは仕事をしたが、チェンバース、石井は役割を全うできていなかった。
この差が一番の要因だろう。
また東京の選手は皆賢く、全員の共通理解が進んでおり、試合の進め方が巧みだった。
そのあたりも千葉とは少し差があったのかもしれない。


昨日は嫌な試合を見させられたが、今日のこの試合でその思いはだいぶ晴れた!
西三河近隣の愛知県民だけど、アルバルク東京が一番好きだ!


アルバルカーズの皆様、Bリーグファンの皆様。
批評ブログではありますが、来年もお時間あるときにお付き合いのほどお願い申し上げます。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
アジアカップでの水島沙紀選手の活躍を見て、女子バスケの魅力を知り、沼へ。
推しチームは当然トヨタ自動車アンテロープス。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。