FC2ブログ

記事一覧

2018 女子W杯 グループステージ 日本対スペイン



完敗…
後半は巻き返したし、日本のいいところは随所に出せていた。
しかしそれ以上にスペインが強すぎた




スペインのディフェンスは日本対策が完璧で綺麗な形から3ptを打つことが出来なかった
オコエ、本橋らのドライブは効果的だったが、これはスペインにとってはやらせていただけなのかもしれない。
実際ドリブルが多いオフェンスは日本らしいそれではない。
スペインは修正も即座に出来ていたので、連続得点がなかなか出来なかった。

2QのタイムアウトではホーバスHCがおかんむりな様子が見事映像に収められていたが、前半はPGの3人が目まぐるしく交代するなどタイムシェアというより彼の迷いも感じられた。
1Q残り6分ほどのところで馬瓜のターンオーバー、本橋のスリップによるボールロストと流れが悪くなり、高田以外の4人を交代させたが、むしろ流れを悪くしてしまった。
ディフェンスでは相手に簡単にミドルシュートを決められ、オフェンスではイーシーシュートを外し、点差が広がっていった。
この1Q残り6分ほどがこの試合を決めてしまった。

また赤穂さくらが外れたインサイドは不安が現実となり、高田が38分の出場を強いられた。
長岡のプレータイムも少なかった中で、戦略的な人選ではなく、コンディションの問題で泣く泣くこの陣容になった可能性もある。


その中で日本の良かった点となると、経験で劣るオコエ、本橋が強化試合で見せたパフォーマンスを遺憾なく発揮していたこと。
藤高の復調、後半は馬瓜、宮澤、藤岡が特長を出せていたことか。
そしてすぐに2戦目を迎える中、良いイメージで初戦を終えられたこと。





ただどうしてもどうしても今日の前半のような展開だと...




そして水島沙紀様は温存ですか??
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
アジアカップでの水島沙紀選手の活躍を見て、女子バスケの魅力を知り、沼へ。
推しチームは当然トヨタ自動車アンテロープス。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。