FC2ブログ

記事一覧

【名古屋グランパス】本田圭佑移籍決定

本田、VVVと契約 20日会見、即PSV戦!
ついにこの日がやってきた。
名古屋から欧州リーグへ羽ばたいていくのは実質初めてである。
自分の思い入れも強い選手だけに嬉しい気持ちもある。
同時に名古屋が戦力ダウンすることへの危惧もある。また近くで見られない寂しさもある。
非常に複雑な心境である。
ただ行くからには引退まで欧州でプレーして欲しい。
代表に招集されたときの欧州との移動が大変なんてことは分かっていることなので、W杯前にJ復帰ってのはなしでお願いしたい。ましてや他クラブでJ復帰なんてのは絶対勘弁して欲しい。


こうして移籍が決定するといろんな思いが甦ってくる。
自分が名古屋サポーターになったきっかけはなにかと本田と比べられる小倉隆史だった。91年度の高校選手権で活躍し、鳴り物入りで名古屋に加入した小倉はJリーグ開幕前年のナビスコ杯でも活躍し、そこから名古屋サポーターになった。開幕後2年間はクラブの成績はふるわなかった。そんな中アーセン・ベンゲルがやってきて、ピクシーを甦らせ、名古屋も劇的に強くなった。ベンゲル在任中も退任後も優勝はできなかったが、ピクシーのプレーに魅せられ、名古屋サポーターを続けていた。小倉はケガに泣かされ続けたが。そしてピクシーは引退。正直サポーターとしての熱は下がった。社会人になってからは就職先の都合上観戦する機会が大幅に減り、クラブも魅力がなく、もはやサポーターとはいえないレベルまで下がった。

そんな中で現れたのが本田圭佑。
2005年に名古屋入りしていたが、先に述べたとおり見る機会が取れず、彼のすごさを知らなかった。そして翌年の8月テレビのスポーツニュースではあったが、凄いものを見た。日本代表GK川口がファンブルしたあのFKと強烈なミドルシュートである。「日本人でこんなことが出来る選手がいるのか?しかも名古屋の選手なのか?!」と強烈に印象に残った。
そして観戦に行く機会が作れるようになり、そんな中で迎えた豊田スタジアムでの浦和戦。左SBで起用されていた。防戦一方の中彼のアシストでチームは勝利。それ以来彼の虜となった。

今年はクラブ最高の功労者ピクシーを監督に迎える年だけにピクシーの教えを受ける本田という絵図を思い浮かべたが、幻に終わった。非常に残念だが、とにかくケガには気をつけて「欧州移籍した日本人の中で最高の成功者」と評されるくらいに活躍して欲しい。それが名古屋サポーター・本田圭佑サポーターへの何よりの恩返しだろう。


スポンサーサイト

コメント

コメントありがとうございました。

>po_chanさん
海外でうまくやっていくにはメンタルの強さも大きな要素ですからね。
そう考えると本田くんなら期待できそうです。
>もちさん
現状テレビ中継ないのは残念です… 本田くんが活躍して代表にも定着するくらいの選手になればすぐ放映権買ってくれると思いますがねぇ。

【名古屋グランパス】本田圭佑移籍決定

あの子なら、軸もブレずに着実に前進して行ってくれると信じてます。ブレ玉は、どんどんブレてって欲しいですが。
今はただ、清清しい気持ちでいっぱいです。某4番も見習って欲しいです。

【名古屋グランパス】本田圭佑移籍決定

残念なのは日本でテレビ中継が無いこと。スカパーも今季オランダリーグから撤退したでしょ、確か。リザーブリーグで結構な面子揃うPSV相手に活躍したらしいし、今度のPSV戦もチャンスあると思う。放映権安くしてJスポーツに売って欲しい。そしたら見れる!!

【名古屋グランパス】本田圭佑移籍決定

今度名古屋に帰ってくるときは、もちろん青い代表ユニフォームで成長した姿を見せて欲しい。
中途半端に帰ってくるんじゃないぞ!

コメントありがとうございました

豊スタで代表の試合をやってもらって、その時に練習場などにも寄るってのがいいですよね!

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

セフと本田とオランダで

■本田、VVVと契約 20日会見、即PSV戦!(中日スポーツ) 正式に、本田君がVVVの選手になった。寂しいが、雛鳥が巣立っていく気持ちをようやく名古屋サポも味わえた気がする。所属選手が海外に行くってこんな感じなんだな、とじんわり。 しかも、もしかしたら本当に20日のPSV戦に間に合うかもしれない。間に合えば、デビューの可能性も高い。そしていきなり師弟対決。これは話題性も抜群だ。あの子は注目されればされるほど、やらかす子(良い意味で)だから日本のマスコミは、何時ものようにアホみたく群がって欲しいものだ。

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
アジアカップでの水島沙紀選手の活躍を見て、女子バスケの魅力を知り、沼へ。
推しチームは当然トヨタ自動車アンテロープス。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。