FC2ブログ

記事一覧

【名古屋グランパス】指宿キャンプ後半へ

ピクシー、攻撃練習の不出来にイラッ?(日刊スポーツ名古屋)
名古屋の指宿キャンプは後半に入り、戦術練習は攻撃面が中心になってきた。しかしヨンセンが加わる前の2/4午前練習はうまくいかなかったようだ。昨年11月の試合視察時にも「ゴール前で集中力が欠けていた」との旨の発言をしており、キャンプ前から課題と把握はしていただろうが、それでも歯がゆかったことだろう。
ただキャンプ前半はうまくいっていたようだし、何もかも順調に事が運ぶわけではない。この時期は課題が出た方が良いこともある。
また明るい材料もある。ヨンセンが2/4午後から全体練習に合流した。
FWヨンセンが6日ぶり全体練習に復帰
ヨンセン合流後は良い練習が出来たとのことで、監督が代わっても不動のエースということが証明された形だ。ただ6日間全体練習から離れたもののまだ痛みが若干残っているという点が心配ではある。昨夏にハムストリングを痛めて戦線離脱したが、その際も当初の予定から1ヶ月近く遅れて復帰している。あの箇所を一度痛めるとかばって他の部分を痛める傾向があると聞く。不動の存在であることは確かだが、無理だけはしてほしくない。

若手や昨シーズン不完全燃焼に終わった選手も新体制の下で猛アピールしているようだ。
まず2年目のFW巻佑樹。
FW巻のファインゴールをピクシー絶賛
大学ナンバーワンFWとの触れ込みで加入したが、人気先行の感があり、リーグ戦ではノーゴールに終わり、A契約移行の条件となる450分以上の出場も果たせなかった。
身体能力は兄の日本代表FW誠一郎以上とも言われているだけに、期待したいものだ。来季は豊田陽平(山形へレンタル移籍中)の復帰も考えられるだけに正念場だろう。
フェルホーセン体制の2年間ではリーグ戦出場わずか1試合で、ベンチに入ることもままならなかった青山隼は守備的MFが本職だが、このキャンプでは右SBで試されており、攻撃にも積極的に参加するなどアピールしている模様。
今年は名古屋で出場機会を増やし、ぜひ北京五輪にも出場してもらいたいものだ。

その他こちらもフェルホーセン体制ではケガもあり、出番に恵まれなかった玉田圭司や昨年は5~6月で出番を増やしたものの夏場以降は再びベンチウォーマーとなった感のある片山奨典も好調なようだ。
明日キャンプ期間最後の練習試合が行われ、帰名後も対外試合が4試合組まれており、激しいレギュラー争いが繰り広げられていくだろう。

なお戦い方だが、各メディアで取り上げられているように4バックで臨むようだ。本日発売のサッカーダイジェストのインタビューによると「昨年の名古屋は試合によってシステムを変更することがあったが、そういうことは考えられない」そうである。ただ攻撃は1トップか2トップか3トップか決めかねているようで、また試合による変更もあるとのことである。



一方昨季まで名古屋を率いたフェルホーセンは母国の名門・PSVで奮闘している。
最強の中継監督、フェルホーセン
チェルシーのモウリーニョ監督解任の余波で、クーマン監督が引き抜かれ、空中分解の危機にあったチームをまとめ上げ、首位を快走しているようだ。来季から指揮を執るステーフェンス(現ハンブルガーSV監督)氏のつなぎとされているが、自身のスタイルは貫いており、就任前レギュラーだった選手の出場機会が大幅に減ったとのことだ。また選手交代は少ないのも変わっていないようだ。これには名古屋時代何度もイライラさせられた(苦笑)ただいざというときは動くのがこの監督の特徴で、PSVでもアヤックスとの大一番で中盤の構成を変え、成功したようだ。名古屋でもたびたび奇策を打っていた。けが人が続出した影響もあるが、やりすぎだと思うこともあった。実際失敗もあったが、昨年のGW3連敗後の横浜F・M戦で4バックに変更し、阿部翔平を抜擢し、快勝したときや9月の柏戦で4-1-4-1を導入し、見事はまったときなどは感心させられたものだ。


余談だが、本日発売のサッカーマガジンに本田圭佑の記事があった。
他のメディアでもすでに言われているが、本田がVVVの練習に参加したきっかけはセフがVVVの会長に推薦したことだと書かれていた。
ふと思ったのだが、いくら昨年10月の時点で退任が決まっていたからといって、また旧知の仲だからと言って、在籍するクラブの選手を他クラブの人間に紹介するのはいかがなものか。「誰かいい選手いるか?」と聞くということは補強を考えているということに決まっている。08年も名古屋で監督を務めることになっていたら、絶対出来ないことではないか。自ら戦力ダウンを招くことになるのだから。機密情報を漏洩したとまで言うと言い過ぎかもしれないが、それに近いことではないかと思う。
本田としては子供の頃からの夢を叶えられるきっかけを作ってもらえたわけであり、喜ばしいことなんだが。

日本人とは考え方も違うので、たとえセフにこんなことを言う機会があっても理解はしてもらえないだろうが、なんとなく疑問を感じた。

まあセフも本田も移籍したのだし、そうした以上は結果を出してもらいたいものではある。

スポンサーサイト

コメント

コメントありがとうございました。

>ユウキさん
名古屋の選手とやっているシステムが合っていないように思いました。
選手補強やサポートスタッフの体制に恵まれなかったので、かわいそうな点はありますが。
ピクシーはしばらく日本サッカーから離れていたとは、7年プレーしてましたから日本人の特性は十分理解していると思います。
監督未経験ながら今のところ高い評価を受けています。今まで教えを受けた監督にスゴい人がいますしね。期待したいです。
>juventinoさん
観ている方がついていけなくなるくらい攻守の切り替えが早く、ポジションチェンジも頻繁な魅力的なサッカーを目指してほしいです。
岡田監督じゃないですが、驚きを与えてほしいです。

【名古屋グランパス】指宿キャンプ後半へ

セフの指揮はオランダ(あとベルギーとか)では超一流ものなんですね。でも、オランダ人にできることを日本人に求めたために昨年はあんなことに・・・その分Jを知る男のピクシー、じゃなくてミスターにはそういう面では期待が持てそうです。
あと本田、彼のいるチームは常に残留争いする運命なのでしょうか?

【名古屋グランパス】指宿キャンプ後半へ

来期は4バックという事で期待がもてます。
ラインを高く設定したアグレッシブなサッカーがみたいですねぇ。
ドリブル・パスを織り交ぜながら流動的に動きつつ相手陣地を切り崩す・・・そんな魅力的なサッカーを展開して欲しいです。
理想はアーセナル!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
アジアカップでの水島沙紀選手の活躍を見て、女子バスケの魅力を知り、沼へ。
推しチームは当然トヨタ自動車アンテロープス。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。

基本はTwitterメイン ‪@yusukekun_07 ‬