FC2ブログ

記事一覧

【名古屋グランパス】キャンプ期間最後の練習試合&【日本代表】W杯予選スタート

昨日も述べたとおり名古屋のキャンプは終盤戦を迎え、だいぶ形が見えてきた。そしてピクシーの監督としてのスタイルも見えてきたようだ。
ピクシー、攻撃はオシム流 ボランチもオーバーラップ(中日スポーツ)
いいとこどり?ピクシー流キャンプ大解剖(日刊スポーツ名古屋)
自身の哲学をベースにこれまでの選手としての経験にプラス共に仕事をした監督の良いところを取り入れ、またサポートスタッフにも優秀な人間がいて、選手からは非常に好評なようである。
一方練習は「スーパーハードワーク」でありながら、オフは選手各自に任せているようで、メリハリが利いている。厳しい練習でオフまで管理されると選手はフラストレーションがたまるが、これなら文句は一切ないだろう。もっともそれで不平が出る選手はプロの資格などないが。

そして本日キャンプ期間最後の対外試合となるニューウェーブ北九州戦が行われた。
練習試合「vs ニューウェーブ北九州」の結果のお知らせ(名古屋公式HP)
中日新聞紙面によるとヨンセンが昨日午後の練習で再び離脱したようだが、本日の練習試合は出場している。なお大森、増川は出場していない。
メンバーを見る限り前半が現時点でのベストメンバーだろう。昨年はレギュラー格だった山口や杉本が後半からの出場、CBの強化で吉田も後半からの出場である。藤田も同様だが、藤田はわずか5分で交代しており、ケガなのかどうか気になるところだ。またヨンセンだが、今キャンプは実質全体練習に参加できなかったようなものであり、あまり無理はさせないでもらいたい。昨夏の北海道キャンプでも参加を見送っているが、ケガをしたのはキャンプ期間のトレーニング不足もあるだろう。キャンプ後は藤田らが使用しているウイングヒルズなり設備の整ったところでじっくり体作りからしていくのが得策だと考える。



日本は初戦4発快勝/W杯予選(日刊スポーツ)
日本代表は雪の舞う中タイ代表に4-1で勝利した。
まずはあの天候の中会場に足を運んだ観客、メディアスタッフ、会場スタッフらにお疲れ様とありがとうを言いたい。ただでさえチケット販売が伸び悩む中、あの天候でさらに遠のいてしまっただろう。その中でも熱い応援を繰り広げたサポーター、お茶の間に情報を届けてくれたメディア、円滑に運営した会場スタッフは本当に貴重な方々だ。

肝心な試合だが、親善試合で結果を出した山瀬・大久保、19歳の内田を予選でも起用した岡田監督の選手起用は高く評価したい。そしてそれに応えた彼らをはじめ4-1という結果を出したチームも一定の評価はできるものだ。
しかしオシム時代から思っていたことだが、中盤に遠藤と中村憲を並べる布陣はどうも理解できない。当然パスの出し手は増えるが、自ら仕掛けられる選手は減る。するとパスは回るが、シュートは減る。イコール点は入らない。今日も4点入ったとはいえ、うち3点はセットプレーからである。ただ展開力やミドルシュートなど攻撃センスで劣る鈴木を中盤の底に置いている以上遠藤と中村憲が2人ともいないといけないのかもしれない。現状中盤の底で鈴木以上に守備の役割をこなせる選手はいないわけでもあり。非常に難しい問題ではあるが、個人的にはゲームメイク力があり、ミドルシュートもあり、遠藤や中村憲以上にボール奪取力のある小笠原(鹿島)を推したいが、東アジア選手権の予備登録にも入っていないのは非常に残念だ。

日本の失点シーンだが、ボールホルダーへの寄せが出来ていなかったのはあるが、川口のポジショニングミスではないか。
また高原は明らかにコンディション不良で、前半半ばから動けていなかった。気温の低い中であれは死活問題だろう。いくつかチャンスはあったが、決めきれず改めて大舞台での弱さを露呈した感がある。しかしFWも「じゃあ他に誰がいるんだ?!」と言われると難しいところである。
いっそのことFWには得点を期待せず、巻や矢野など潰れ役を配置し、その背後に山瀬や大久保、羽生などを配置するクリスマスツリー型の方が良いのかもしれない。

スポンサーサイト

コメント

コメントありがとうございました。

そう、望月レベルの役割がこなせるセントラルMFが必要なんですよ。中村も本来の力を発揮すればいい選手なんですが、パスセンス・ゲームメーク能力がある選手ではないんですよね…
現状の戦力で言うなら私は吉村・中村のコンビがいいと思います。ベルデニック監督のときと同じなんですがw
中盤の前目の構成はバリエーション豊富ですよね。ここは正直どう組み合わせるのがベストかまだわからないです。
SBに関しては確かにいきなり守備も攻撃も求めることはできないですよね。青山は不慣れな中でも積極的に攻撃に絡もうとしているようですし、そこは評価しないといけないですね!
左は現状では阿部が間違いなく1番手でしょう。

コメントありがとうございました。

なるほど。
ただキャンプでの情報からピクシーの目指すサッカーを読み取ると今のメンバーではとても遂行できないと思うんですよね。
具体的には両SB(特に右)とセントラルMFです。
右SBは青山をコンバートして試しており、今のところは上出来なようですが、未知数ですし、過去2年間でリーグ戦出場1試合、トップ公式戦でフル出場したことがない点を考えるとシーズン通して戦えるか疑問が残ります。
また左は現状阿部で固いですが、彼には現代のSBとしてはスピードが物足りなく、個人的には3バックの左がベストポジションで、4バックならボランチが良いと思っています。
青山も阿部も好きな選手ではありますが、上記理由から疑念を抱いています。
またセントラルMFは今のところ、藤田、小川が試されていますが、こちらも本職ではなく、前者は年齢からくる衰え、後者はゲームを落ち着かせる能力に疑問符がつきます。
悪い選手ではありませんが、優勝を狙うにはこちらも物足りないのではないでしょうか。
来年はこのポジションを是非とも補強してもらいたいです。
筑城や青山、吉田、花井あたりが補強の必要性を感じさせないくらい成長してくれるのが理想的ですが。

【名古屋グランパス】キャンプ期間最後の練習試合&【日本代表】W杯予選スタート

「アーセナルの様なサッカー」とは単なる理想というより、ストイコビッチ監督のサッカー哲学を具現化したものだと思うのです。
だからこそ彼には目指すスタイルを諦めずに追求して欲しいのです。
前体制の過ちとは、むしろ前監督が自身の哲学を追求する事を諦め、目先の勝利欲しさに場当たり的な采配を繰り返した点にあると思っています。

【名古屋グランパス】キャンプ期間最後の練習試合&【日本代表】W杯予選スタート

確かにセントラルMFは物足りなさを感じます。
ここはチームの要となるポジションですからねぇ。
アーセナルで言えばセスクとフラミニですか…そこまでのレベルを要求するのは無理としても、かつてグランパスでコンビを組んだデュリックスと望月のレベルに何とか到達しなければ上位争いは出来ないですよね。
個人的にはセントラルは中村と山口のコンビが一番バランスが良さそうだと思います。そして左にマギヌン、右に深井。ドリブルで仕掛けられる両者を同時に起用すれば…結構魅力ある中盤を構成出来るんじゃないですかね。
両SBに関しては実はそんなに心配してません。
監督の志向するサッカーが浸透して、両SBが有機的に攻撃参加出来る様になるのは来年以降だと思うからです。今年に関しては単にサイドの守備者として経験値を上げてくれれば、それで問題ないと割り切っています。
右の青山にはいずれ本職のボランチでポジションを奪って欲しいですし、左の阿部はこのまま定着して本格的なSBになってもらいたいです。以前から「左SBには左利きを使うべきだ」というのが私の持論でしたので、監督の阿部起用には完全に同意してます。無論もっとスピードのある左利きの若手の補強に成功すれば交代もアリですけどね。

【名古屋グランパス】キャンプ期間最後の練習試合&【日本代表】W杯予選スタート

遅ればせながら今週発売のダイジェスト買いました。
ストイコビッチ監督の「アーセナルの様なサッカーが理想」発言で、我が意を得たりと喜んでいます。

コメントありがとうございました。

確かにアーセナルのようなサッカーは素晴らしいと思います。あれに近いものを実践して、結果も出れば、他クラブも見習って、Jのレベルは上がっていくと思います。そうしたらお客さんも増えるでしょう。
ただ名古屋だけでなく、アーセナルのようなサッカーを日本のクラブがやるのは現状無理だと思います。
もちろん最初は監督の理想から始められるでしょうが、早い段階で名古屋にとってどういうサッカーが合っているのかを把握していってもらいたいです。
理想の追求では前体制と同じ過ちを繰り返すことになるのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
アジアカップでの水島沙紀選手の活躍を見て、女子バスケの魅力を知り、沼へ。
推しチームは当然トヨタ自動車アンテロープス。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。

基本はTwitterメイン ‪@yusukekun_07 ‬