FC2ブログ

記事一覧

【名古屋グランパス】練習試合対佐川印刷

本日JFL・佐川印刷との練習試合を観に行った。
45分×3本で行われたこの試合の結果は以下の通り。
練習試合「vs佐川印刷」の結果のお知らせ(名古屋公式)
J1名古屋、格下に4試合連続失点(asahi.com)

攻守共に連携がまだまだである。また攻撃に関しては時折素早いパス回しからチャンスが生まれるが、マギヌン、玉田を起点とした個人技に依存したものが多く、たたみかけるような攻撃は少ない。また玉田が下がったボールを受けたときペナルティエリア内まで侵入できる選手がいない。吉村や山口が攻撃参加することはあるが、エリア内には入っていけないし、またシュートまで持っていけない。昨年のF・マリノスの課題として挙げられている点と同じように同サイドで偏って攻撃をすることが多い。一発でサイドを変えられる選手、懐の深いキープが出来る選手が中盤にいないので、どうしてもそういう傾向になってしまう。本田、金の抜けた穴は改めて大きいものだと感じた。
しかしパスが繋がったときは非常に楽しいサッカーで、去年までにはないスピーディーなサッカーは見ていて気持ちがよかった。ヨンセンが下がったり、サイドに流れたりすることが少なかったのも良い傾向だと感じた。またファイティングスピリットも感じられ、エキサイトしすぎる選手もいたくらいだった。目指すサッカーは今いる選手たちに合っていると思うので、続けていって欲しい。ただ当然相手から研究はされるので、固執はしてほしくない。

以下出場全選手短評。
・西村:コーチングはしっかり出来ている。フィードも正確安心して見ていられる。
・青山:右SBに適応している。しかし高い位置でのプレスで一発で奪いにいくのはいただけない。
・バヤリッツァ:足元の技術が高く、攻撃参加も期待できる。あとはコミュニケーション。
・吉田:今年は2年目。イージーミスは減らしたい。
・阿部:今季も左足からの高精度のサイドチェンジは武器、オーバーラップも期待できる。
・小川:今日は2列目に入るも持ち味を発揮できず。
・山口:激しい当たりからのボール奪取を何度か見せていた。献身的な動きも出来る。攻撃面では物足りず、これまでの練習試合を考えても吉村の控え、守備固め要員という扱いだろう。
・吉村:高い位置まで顔を出して、プレスの先鋒役。ただミドルシュートがもっと欲しい。
・マギヌン:前半35分ころまでは左サイドのクロッサー役で窮屈そうだった。前半の残り時間は小川とポジションを入れ替え、少し開放された感じで、後半は修正を図ったのか左を中心に動き回るらしさが発揮されていた。
・ヨンセン:コンディションは悪くはない。ただ今季の戦術上足元でボールをもらうことが多い。彼自身足元の技術もあるが、彼の特長が最大限に活きる戦術ではない。監督はロングボールの多用は嫌っているが、アクセントとしてヨンセンへのロングボールも必要。今日はあまりにもそれが少なかった。

・杉本:3本目は左ハーフを務めた。昨年までと比べて落ち着いてプレーしている。足元の技術が上がったのかとも感じた。2回くらいロナウジーニョがいるかと思ったくらいwそれは次週の岐阜戦以降で改めて確認したいものだが。ただ持ちすぎなきらいがあり、彼らしいシンプルなプレーがもっと見たいと感じた。
・巻:2ゴールを決めた。またDFとの駆け引きも上手くなってきた。
・三木:当たりに強い。しかしベテランらしからぬ軽率なボールさばきが何度かあったのは残念。
・深井:右サイドに入るも良い形でボールが回ってくることが少なかった。
・広野:守備機会極小のため評価対象外。
・福島:ボランチを務めた。フィジカルが強くなった印象。
・井上:左ハーフを務めた。時折正確なキックを見せるも相変わらず淡々としたプレー。
・竹内:2本目は右SB、3本目はCBに入る。2本目では巻の2点目をアシスト。積極性は買えるが、CBでは危なっかしい。
・佐藤:左SBを務める。本職ではないだけに守備の不安はあったが、3本目で何度か見せたフリーランニングは良かった。
・米山:カバーリングはしっかりできていた。ただ三木同様軽率なボールさばきが多かった。
・花井:センターハーフに入る。試合での様子は初めて見たが、衝撃を受けた。正確なトラップ、パス、シュートと状況判断が特に良い。3本目で決めたシュートもゴール前でGKが迫ってきている中チップキックで決めるとは何とも憎らしい。その他バーに直撃したミドルシュートがあったが、それは左足。両足とも正確に蹴られることを証明している。セットプレーのキッカーも務めていたが、非常に合わせやすいボールを蹴っていた。課題はフィジカルよりも運動量。山口のような動きを身につけてもらいたい。センターハーフは現状最大の懸案なポジションだけに早期に出場が期待できるかもしれない。あまりの衝撃に花井だけ短評ではなくなってしまった(笑)ただ実際見学席の歓声も上記で挙げた花井の好プレーの時が一番大きかった。

長谷川:こちらも守備機会少ない。ただコーチングはもっと積極的にしなくてはいけない。あと髪が長いのでは?(笑)
筑城:スタミナはある。ただクロスの精度が低い。中に切り込む動きも身につけたい。
津田:右ハーフを務める。やはりここでは持ち味が活きないが、FWとしては現状評価が低いのだろう。勝負の年である。
片山:杉本、津田がいながらなぜかFWに入って、新川と組んだが、良い形でボールが回ってこず、まともな仕事は出来ていなかった。またレイトタックルは相変わらずで、そこを改善しないことには先発出場はあり得ない。
新川:昨秋サテライトでは期待感を抱かせた選手だったが、どうも今日は縮こまった感じのプレーだった。

スポンサーサイト

コメント

【名古屋グランパス】練習試合対佐川印刷

花井はそこまでの逸材でしたか!
名古屋ユース出身って事で要注目だと思っていた矢先の嬉しい評価ですね。
ついに待望の名古屋のセスク出現かぁ…
あとは圧倒的な運動量と的確なカバーリング能力を併せ持ち、機を見て積極果敢な飛び出しの出来る選手…フラミニが欲しいですなぁ。
今野は無理としても佐藤勇人を獲得出来れば組み合わせとしては面白かったですな。
内容と結果のどちらをまず追求するか。
個人的には「名古屋のサッカー」と呼べる様な内容をコンスタントにピッチ上で見せる事が出来れば、今シーズンは十分満足です。
その上で18チーム中9位(勝点50程度)に入れれば、新人監督の1年目とすれば合格でしょう。
もちろんプライドの高いストイコビッチ監督がその程度では満足するはずもないですけどね。

コメントありがとうございました。

95~96年、なんだかんだタイトルは天皇杯とおまけみたいなサントリーカップだけなんですよね。
それでもホント名古屋は例外的に毎試合毎試合満員でした。ピクシーのDVDを観るといつも「このころ瑞穂にいた人たちは今何してるんだろ?サッカーから離れてるのかな?」と思ってしまいます。
トラックつきで設備も恵まれておらず、お世辞にも良いスタジアムとは言えない瑞穂競技場がホームでも魅力的なサッカーをしていれば、お客さんは来るということですもんね。
今年は名古屋でサッカー熱が復活する年となることを願いたいです。そのために我々サポーターもできることは協力していきたいですよね!

【名古屋グランパス】練習試合対佐川印刷

客観的にみて今年は何位ぐらいだと思いますか?
正直言って僕はJ2落ちるんじゃないか・・・って
思ったりしてます(汗)
この時期のプレーは見てないのでわかりませんが
つまらない単調な試合が少なくなることを願ってます

【名古屋グランパス】練習試合対佐川印刷

トシヤはどうしたの?

コメントありがとうございました。

>名古屋一筋さん
監督やGMは5位以上を目標に掲げてますが、正直無理でしょう。
今年は中の中、8位くらいだと見てます。
>ジュビさぽさん
キャンプ最後の練習試合で軽いケガをしたみたいで、今日はランニングだけしてましたよ。

コメントありがとうございました。

花井が活躍した3本目は相手が疲れてて、プレスも緩かったという点はあります。
それでもあの落ち着き払ったプレーの中で華麗な技術を見せていて、感動しましたよ。
今の名古屋で試合に出ようと思うとセンターハーフで狙うのがいいでしょう。U18代表復帰を狙う上でも前線には柿谷や水沼、大前らがいますから、センターハーフがよいでしょう。
ただスピードありますし、得点力があり、左足でも正確なキックが蹴られるので、将来的には松井大輔のようなポジションで使ってほしいです。
今年はピクシーやGMは5位以上を目標に掲げていて、ケガ人が出なければ可能だと思います。でもケガ人が出ないなんていうことはあり得ないので、今年は8位前後じゃないかなぁと思ってます。
今年はピクシー見たさでしばらく名古屋サポ離れてた人が興味を持ち始めると思います。そういった方に「名古屋こんないいサッカーしてるんだ」「名古屋のサッカー面白いね」などと思わせる試合を見せて、そういう人たちがサポ定着をしてくれるようになればと思っています。

【名古屋グランパス】練習試合対佐川印刷

やはり名古屋のサッカーは95年、96年が最も面白かったですよね。
内容が良かったからJリーグバブルが弾けて各クラブが観客動員を減らしている中、名古屋は例外的に大入りでしたからねぇ。
つまりあの当時の名古屋のサッカーは、ブームだとか流行り廃りに関わらず娯楽として成立していたと言う事で、私がストイコビッチ監督に期待するのもまさにソコなんです。
再び名古屋に魅力的な面白いサッカーを根付かせる…今年はその最初のシーズンにして頂きたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
アジアカップでの水島沙紀選手の活躍を見て、女子バスケの魅力を知り、沼へ。
推しチームは当然トヨタ自動車アンテロープス。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。