FC2ブログ

記事一覧

【名古屋グランパス】4年ぶりのナビスコ杯決勝T進出に王手

5/25ヤマザキナビスコカップ予選リーグA組名古屋対浦和。
名古屋はA代表の楢崎、玉田、U23代表の吉田に加えてヨンセンが親族の不幸のため母国へ帰国し、欠場。相手の浦和も代表で主力が大量に離脱しているとはいえ、戦前は正直不安の方が大きかった。

しかし蓋を開けてみれば、名古屋の底力が見えた試合だった。特に巻の活躍は目を見張るものがあった。1得点1アシストで、2点目の杉本のゴールでは中央で潰れてDFをひきつけ、4点目の津田のゴールでもつなぎ役になっており、全得点に絡む大活躍だった。
巻、今夜の主役はオレ! “玉田ボレー”サク裂(中日スポーツ)
巻だけでなく、前述の通りリーグ戦ではスーパーサブでの起用が多い杉本が1得点、今季は出番に恵まれず、この試合が公式戦2試合目の出場となった津田もワンチャンスを活かした。またゴールこそなかったものの深井もキレのあるドリブルを随所に披露し、コンディションの良さをアピールした。
攻撃陣だけでなく、吉村に変わってセンターハーフに入った米山は守備の軽さは否めないものの中盤を落ち着かせるプレーをしており、GWの連戦以降やや出番が減っていた竹内や増川も持ち味を発揮していた。

昨年は夏場に弱さを見せた名古屋だが、こうして序盤戦で控えだった選手が活躍してくれることは非常に心強い。ナビスコ杯も決勝T進出に王手となっており、それが決まれば夏場はナビスコ杯と並行しての戦いとなるだけになおさら選手層を厚くすることが必要だからだ。けが人も少なく、チーム内でのポジション争いが激化すれば日々熱のこもった練習となり、チーム力アップも期待できる。久々にリーグ戦中断明けも楽しめるシーズンである。

唯一心配なのはサテライトの選手のモチベーション。けが人が少なく、チームとして結果が出ているので、昨年のように若手を抜擢できない。というよりそういうギャンブルに出る必要がない。またサテライトの練習試合ではストイコビッチ監督やボスココーチが観ていない中で行われることも多い。そんな中で若手選手が育っていくのかという点は気がかりである。

スポンサーサイト

コメント

【名古屋グランパス】4年ぶりのナビスコ杯決勝T進出に王手

たしかにベンチメンバーの層は厚くなっているとは思いますが、サテライトにいるような若手の成長は不安ですよね。
特に両サイドバックの人材が少ないので渡辺・片山・筑城あたりが成長してくれないと阿部がかわいそう・・・

【名古屋グランパス】4年ぶりのナビスコ杯決勝T進出に王手

僕は甲府サポです。
甲府がJ1だったころはよく名古屋と同じグループになりました。最近の名古屋はいつもナビスコで決勝トーナメントに出れずグループでも下位の方だったのを覚えています。ごく不思議でした。
しかし今シーズンの名古屋は良いサッカーをしています。
それがナビスコにもっていう感じですね。リーグ戦の勢いそのままできていると思います。
この間の巻のゴールも素晴らしかったです。
僕は甲府サポだけど名古屋に頑張ってもらいたいです。
ナビスコ優勝祈っています

【名古屋グランパス】4年ぶりのナビスコ杯決勝T進出に王手

若手の成長は不可欠
次の京都戦でナビスコ予選突破決めて
その次は若手の登用をと言いたいが・・・(そうもいかないか?)
確かにサイドバックの片山・筑城(特に左右いける筑城)
又中盤の攻撃的MFがあまりいないので1番期待しているのが花井聖で他に井上にも期待したい
まぁ後欲を言えば一人、FWのポストプレイが出来る選手がいれば
最高やけど・・・

コメントありがとうございました。

>名古屋贔屓さん
両SBは層薄すぎますね。「A代表に松田と市川の復帰を」さんがご指摘のように左右ともこなせる筑城は大卒2年目ですし、出てきてもらわないと困りますが、正直練習試合等を見る限り期待できません。だから青山のコンバートを図ったわけですし。
シーズンオフの補強ポイントはまずここでしょう。
>古家啓史さん
去年もナビスコではそちらさんに勝ち点6をプレゼントしました。しかもホームでは数少ないアルベルトのゴールを見せていただきました(笑)
25日の浦和戦はいくら相手も代表勢欠いていたとはいえあんな素晴らしい試合を見せてもらえるとは思っても見なかったです。非常に幸せです。
甲府は今季苦戦していますが、J2は長いですし、一年でのJ1復帰を祈ってます。
>A代表に松田と市川の復帰をさん
同じくその次で若手起用をと思ってましたが、どうやら明日若手起用があるっぽいです。
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20080530-366312.html
中盤はセンターハーフの人材が乏しいですよね。中村、吉村に続く激しく当たれて、運動量もある選手が欲しいですが、現状は山口、米山、藤田といずれも軽い選手なので。
FWは巻が浦和戦のようなパフォーマンスがコンスタントに出せるようになって、(今は負傷離脱中ですが)豊田が山形でポストプレーの精度向上させて戻ってきてくれれば問題ないでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

いざ決勝トーナメントへ

5月31日 ナビスコカップ予選リーグ第5節14:00キックオフ(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球...

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
アジアカップでの水島沙紀選手の活躍を見て、女子バスケの魅力を知り、沼へ。
推しチームは当然トヨタ自動車アンテロープス。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。