FC2ブログ

記事一覧

天皇杯決勝&岡田ジャパンに期待すること

鹿島サッカーの神髄を見せていただいた天皇杯決勝。

直近で鹿島の試合をしっかり見たのは昨年の9/15名古屋戦だったが、
その時の鹿島の出来は最悪と言っていいほどだった。
プレスは掛からなくて、アンカー経験の乏しい山口慶が試合のイニシアティブを握っていて、左SBの新井場は何回杉本・小川に裏をとられたことか。
攻撃時もまったく連動性はなく、後半には信じられないミスから3失点目を献上。
名古屋も決してよくなかったが、鹿島の完敗だった。惨敗と言ってもいいくらいだった。
夏場だったが、代表戦で1週間空いており、当時鹿島には代表はU22の内田のみであり、原因不明だった。


それから鹿島は連勝街道を突き進み、Jリーグで奇跡の優勝。
天皇杯も勢いそのままに決勝まで勝ち進んだ。

そして今日を迎えたわけだが、鹿島の強さが分かった。
前半8分に先制し、その後も終始優勢で試合を進めていたが、無理に攻めにいかず、じっくり攻めていた。
またコンパクトな陣形を保ち、相手陣から3人がかりでプレスをかけて姿勢は圧巻だった。
それに鹿島の伝統として受け継がれている対戦相手やそのサポーターからすると憎らしいまでのボールキープや巧にファールをもらうなどの試合巧者ぶりが発揮できていれば強いはずだ。


マルキーニョス、本山の前線からの献身的な動きが今の鹿島サッカーの起点となっているが、個人的には小笠原の"成長"が躍進の原動力となっていると思っている。
イタリアでプレーする前から能力の高いMFで、老獪さを持っている選手ではあったが、運動量や集中力に問題があり、守備への貢献度も低かった。

しかし鹿島復帰後の小笠原はまるで別人かと思うくらいである。
以前と比べるとやや下がり目の位置でプレーし、サイドチェンジを織り交ぜた巧みな散らし等ゲームメイクだけでなく、守備面での貢献が非常に高い。
その真骨頂が前半23分に見られた。
センターサークル付近左で正当な激しいチャージでボールを奪うと、すぐに前を向きストヤノフに勝負を仕掛け、ファールを誘い、血の気の多い相手を苛立たせることにも成功した。


私はこの小笠原を日本代表のMFの中心に据えて欲しいと思っている。
オシムジャパン時には遠藤や中村憲剛が担っていた役割を与えて欲しい。
今月半ばからの合宿でも彼らは選ばれており、しばらくは変わらないだろう。
もちろん彼らも優れたプレーメイカーであることは否定しない。
しかしフィジカルの強さ、老獪さ、国際経験の面で劣るのではないか。
また遠藤に関してはプレスの厳しい相手への対応に疑問が残る。


こうして鹿島、小笠原のよいところを書いてきたが、鹿島に苦言も1つ申したい。
新井場は9月の名古屋戦同様だった。
特に前半自サイドを崩されていた。
オーバーラップは何度もしていたが、クロスの精度が余りにも悪い。
いくら右利きとはいえG大阪時代から左サイドのプレーしている選手である。
反対サイドの内田が先制点だけでなく、効果的に攻撃に絡んでいただけに余計に際だっていた。

来季ACLを戦う鹿島の補強ポイントはCBを含めたDFだろう。
失点は少ないが、層が薄く、スピードに不安が残る。
SBは内田が五輪本大会などで抜けることがあり、このポジションのスペシャリストもいない。
FC東京・伊野波の獲得に乗り出していると言われているが、DFの補強に成功すれば、戦う術を知り尽くしているといっても良い鹿島だけに決してACL優勝は夢ではないと考える。


最後に敗れた広島に関して。
今日は柏木不在が大きな影響を及ぼし、攻撃が単調となり、完敗だったが、改めて降格するような実力のクラブではないと思った。
中盤は実力者が揃い、今季崩壊したDFラインもストヤノフがフィットしたことで立て直されていた。
ただ今日クローズアップされたのは前線のターゲットマンの不在。
佐藤・平繁の2トップでは双方の持ち味が活きていなかった。
駒野、柏木に移籍の噂があるが、彼らを引き留めることとともにFWの補強も重要ポイントだろう。

スポンサーサイト

コメント

天皇杯決勝&岡田ジャパンに期待すること

   初めまして
 国立競技場で観戦して来ました。鹿島アントラーズの皆様2冠おめでとうございます。
 大体管理人さんの言われてる事は、当たっていると思いますが、今日は、本山選手の日ではなかったようです。その関係もあり、新井場選手も今一つだったように思いました。後は、細かいミスの多さと、小笠原選手のセットプレーの好ボールを一つも決められませんでした
 サンフレッチェ広島についても、ポストプレイヤー不在は当たってます。
 私が感じた事を追加するとゲームメイカーがいないので、遅攻が上手く出来ず、コンパクトな布陣にしては、中盤に人が足らず、(普段は、柏木選手が攻守の繋ぎ役なのでしょうか?)チェックの甘い時にロングシュートが打てず、(一回だけありました。)何より問題なのは、プレーが淡白過ぎました。こう書くと怒られそうですが、降格するチームであるようにも見えました。
 サンフレッチェのサポーターは、最後まで戦ってました。鹿島の方が近いのでサポーターの数では負けてましたが、気持ちは互角だったと思います。
 しかし、選手は物足りなかった。はっきり言って、1点負けているのにプレーが緩慢に見えました。普通なら、すぐにプレーが止まった時、ボールを取りに行って、相手に早く蹴ってくれと言うでしょう。(もちろん最低限、陣形が整ってから)負けてるチームが、あれでは鹿島は怖くなかったのでは。わざわざ遠方から来たであろうサポーターのためにもっと戦う気持ちを見せて欲しかったと思います。これは、私が現地で感じた事ですので、戦う気持ちが伝わった方もいらっしゃったと思いますが、私には伝わりませんでした。
 戦っていたサポーターの為にも、一年でJ1に戻れるよう選手も戦って下さい。長文失礼致しました。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

鹿島×広島

Jリーグ王者の鹿島とJ2に降格する広島という両極端な立場にある2チームが対戦した天皇杯決勝は、鹿島が2-0で勝利。見事に今季2冠を達成した。鹿島は、試合序盤にDFの内田が右サイドからマルキーニョスとのワンツーで抜け出すと、そのまま思い切りよくシュー...

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
アジアカップでの水島沙紀選手の活躍を見て、女子バスケの魅力を知り、沼へ。
推しチームは当然トヨタ自動車アンテロープス。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。