記事一覧

Bリーグ17-18 第3節 京都対西宮 Game1

自宅観戦。
スポナビライブの京都ホームゲーム担当が解説・実況とも苦手だが、幸いNHK BSでやっていたので、そちらにて。
解説節政さん、コートサイドリポーター佐々木クリスさんで質の高い中継を見ることが出来た。
ダゾーンのJリーグ中継・サンデーJプライムのようにスポナビのBリーグ中継でもピックアップゲームで佐々木クリスさんや節政さん、小宮さんなどが担当してくれると良いのだが…

さて試合。
スマホからの更新なので手短に。
サイズで上回る京都をオンザコートを2-1-1-2とし、スターターに永吉、マブンガ、スミスを並べるビッグラインナップ。
西宮は積極的なディフェンスを仕掛けたが、1分で3ファールとなってしまい、裏目となった。
オフェンスでは谷、道原のWエースのシュートタッチが悪く、ヴァンデンバーグもインサイドで主導権を握れない。

対する京都もゲームを支配するもスコアはそこまで伸びなかった。

2Qはオン2となりバーンズがコートに立った西宮が完全に支配した。
しかしバーンズ以外の選手がスコアできず、点差を詰めることが出来なかった。
京都はオン1でも永吉の存在が大きい。ポストアップ、アシスト、3ptシュートとオールラウンドな働きをした。

3Qは両チームともオン1だが、その中で西宮が途中からバーンズを起用するスモールラインナップを敷いてきた。
これが成功、3Q終了時で3点差まで詰めた。
谷、ラマートのシュートも決まりだし、4Qは完全に西宮ペース。
1Q時点では京都のワンサイドゲームを思わせたが、天日コーチの立てたプランと常に諦めず泥臭くプレーするメンタリティはさすが西宮だ。

京都も勝ち越された時間はあったが、突き放されることなく、勝負所でマブンガ、岡田が決め、残り16秒での岡田のFTで勝負あり。
観客が1,500人弱だったのは残念だが、4Q後半の盛り上がりは京都の選手たちに力を与えたことだろう。

ロースコアのゲームとなってしまったが、両チームともPGの質が他のB1クラブと比べて劣る印象を受けた。
京都はルーキー伊藤は奮闘しているが、シュートセレクションが悪い。
打つべきところで打たず、ショットクロックが少ない中でパスを選択し、ターンオーバーというシーンが何度か。
結果自身も0ptは寂しい結果。
彼の成長なくして上位進出は厳しいだろうが、ポテンシャルはある選手だと感じている。

西宮は大塚が早々に3ファールとなりゲームプランを狂わされた感はあるが、2Q以降バーンズがPG的な役割を担う時間が長く、勿体無かった。
そのバーンズを中心にした本来とは異なるオフェンスをしながらも4連敗となった。
今日以降どういう戦いを選択するか注目だ。まず1つ勝てれば波に乗れると思うのだが。

金曜にゲームがあるとこうしてブログも書ける。
川崎のようにホームゲーム毎節金土開催は酷な面もあるが、各チームたまには金土開催をしてもらいたいものだ。

いわゆる花金で会社帰りのサラリーマングループなどを取り込めるかもしれない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
だが一番の贔屓クラブはアルバルク東京。他にも好きなクラブ、選手多数。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。

基本はTwitterメイン ‪@yusukekun_07 ‬