記事一覧

Bリーグ17-18 第4節 横浜対三河 Game2

横浜はGame1こそ接戦だったが、前節のアルバルク東京との2試合に続く大敗。
このGame2を見る限りアウトサイドシュートの精度の差と言えばそれまでなのだが、自分なりに少し掘り下げてみたい。
インサイドにボールを入れられた時はサビートの高さを最大限に活かしたオフェンスが出来ているが、入れられなかった時のデザインが乏しいように思う。
開幕前から入れ替わり立ち代わり怪我人が出ていて、全体練習が不十分なのかもしれない。
外でボールを回している時のテンポが悪く、結局ショットクロックが残り少なくなり、タフショット気味になったり、サビートや佐藤などアウトサイドシュートが苦手な選手が打たざるを得ない展開になってしまっていた。
長期離脱となったウォッシュバーンに代わる外国籍選手を獲得して、巻き返しを図りたいところだろうが、私が見たところではB1で一番厳しいチームと言わざるを得ない。

一方の三河。
開幕戦を見た時は序盤戦の苦戦を予想したが、2戦目から負けなし。
橋本欠場の影響かオールコートでの果敢なプレスは鳴りを潜めていたが、ルーズボールへの執念など試合にかける意気込みを感じた。
昨季は強豪相手の試合でしか見られなかったように思うが、目の前の試合に全力で戦う姿勢は(プロとして当たり前なのだが)変化を実感できて、嬉しいものだ。

オフェンスでは素早くフロントコートへ運ぶことを意識しており、桜木が運んで、ペリメーターのあたりから左右へ散らす展開も多く見られた。
当然桜木のローポストから展開も使っており、バリエーションは豊富だ。
ただ桜木がこれだけハードワークしていて、シーズン最後まで戦えるのかは気になるところだ(笑)
とにかく桜木への負担が昨季以上に増えていると思うが、オルトンがフィットしてきており、また西川も北海道時代とはひと味違うプレーで4番的役割もこなしており、彼らがカギを握るのは間違いないだろう。
バックコート陣では橋本、金丸が欠場しても狩俣と松井、前述の西川が穴を感じさせない活躍を見せた。
特に西川はアウトサイドからのシュートのバリエーションも増えているように思う。
日本代表の3番ポジションには張本、小野、馬場、古川、チームメイトでもある金丸らがいるが、彼らの牙城を崩してほしい。
日本人としては長い手足から放たれるシュートのフォームは美しいの一言。
その美しさを日本代表でも見たいものだ。

W杯予選まで毎週代表合宿が組まれ、今週はないものの、水曜日にBリーグの試合が行われる。当然週末にも行われる。
過密日程だが、長い目で見ればそこを耐え抜いた選手が一流なのかもしれない。
私も土曜日の刈谷での愛知ダービーを観戦予定。
逞しい選手の姿を見たい。タツヲのパフォーマンスにも期待している(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yusukekun07

Author:yusukekun07
元々サカオタだったが、Bリーグ開幕とともにバスケに目覚めたアラフォー愛知県民。
だが一番の贔屓クラブはアルバルク東京。他にも好きなクラブ、選手多数。
スポナビブログがサービス終了に伴い、こちらへ移動。
※昔のサッカーブログがあるのはスポナビで書いてたものをまとめて引越したためです。

基本はTwitterメイン ‪@yusukekun_07 ‬